ギフト・ショー 2009

第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー
東京ビッグサイト 2009/9/8(火)-11(金)

株式会社堀口硝子のブースをキュービックフローターで構成しました。
空間構成:Atelier OPA

江戸切子は、江戸時代から続く精巧なカット技術を施したガラス製品です。
透明感と美しい色味をディスプレイするため、キュービックフローターを額縁に見立てて展示しました。

屏風をイメージした空間構成です。

壁面にキュービックフローターの窓が並び、江戸切子が輝くさまはさながらギャラリーのようです。


ほこりを防ぎ、宙に浮かせて魅せるパッケージ「キュービックフローター」です。

関連ページ
Atelier OPA 屏風ブースの設計
(ギフトショー秋2009)



コメントを残す